トップに
戻る
naturaleffect
2017.06.19 石鹸の正しい保存方法

 

石鹸の正しい保存方法

石鹸の正しい保存方法

natural effectです。

今回は「石鹸の正しい保存方法」について書いてみたいと思います。

洗浄を石鹸でするようになったけれど、毎回保存場所に困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。石鹸を入れる専用のトレーに入れていたとしても、溶け出してぬるぬるして汚くなってしまったり、雑菌がついてしまったりしてしまいます。そんな石鹸を正しく保存する方法は、2つあります。

1つ目の方法は、浴室にそのまま置いておかないということです。石鹸を頻繁に浴室で使うために浴室に置いているという方もいらっしゃるかもしれませんが、浴室は湿気の多いところなので、どうしても石鹸が濡れたままの状態になってしまい、不衛生となってしまいます。石鹸がぬるぬるしてしまっているのは、湿気によって溶け出してしまっているからです。そこで、少し面倒ではありますが、使うときだけ浴室に持ち込むことにして、その他のときは風通しがよく湿気の少ない場所で保管するようにしましょう。おすすめは、脱衣所などで保管することです。浴室に近いのであまり面倒に感じることなく使うことができます。

2つ目の方法は、スポンジやタオルに石鹸を置くということです。お部屋などの都合上、どうしても石鹸を浴室内に置くという場合があることでしょう。そんなときは、プラスチックの容器にそのまま入れるのではなく、スポンジやタオルの上に石鹸を乗せて置いておくということです。こうすることで、石鹸の水分がスポンジやタオルに吸収され、石鹸を清潔に保つことができるようになります。ただし、スポンジやタオルは乾いている清潔なものを使うようにしましょう。濡れていると石鹸の水分を吸収することができません。

今回はこれまでになります。

次回もご覧いただければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

produced by 株式会社inthemood