トップに
戻る
naturaleffect
2017.10.02 肌が乾燥してしまったときの症状とケアの必要性

 

肌が乾燥してしまったときの症状とケアの必要性

肌が乾燥してしまったときの症状とケアの必要性

natural effectです。

今回は「肌が乾燥してしまったときの症状とケアの必要性」について書いてみたいと思います。

肌は様々な条件がそろうことによって正常な状態を保つことができています。しかし、この条件のバランスが崩れてしまうと、たちまち肌トラブルを発生させてしまったり、乾燥させてしまったりします。では、肌が乾燥してしまったときは、肌にどのような症状が現れるのでしょうか。

肌というのは、汗腺や皮脂腺、天然保湿因子、角質層細胞間脂質によって、潤いを保つことができるようになっています。そういったことから、乾燥肌というのは、これらのはたらきが正常でなくなってしまったときに引き起こされるものになります。これらのはたらきが正常に働かなくなると、肌の表面に亀の甲羅のような亀裂が入ります。そのため、ちくちくするという感覚や、かゆみを感じるようになります。このときの肌というのは、肌のバリア機能が低下してしまっている状態になってしまうので、刺激を感じやすくなってしまい、さらに乾燥を助長してしまうことになります。

乾燥をしている肌というのは、刺激を受けやすくなっている状態なので、しっかりとケアをして正常な肌へと戻していってあげることが必要です。そのままにしておくと、ますます肌の状態が悪化してしまうからです。したがって、乾燥しているなと気づいたのなら、入念に保湿をするようにしてあげましょう。乾燥しているだけで、痛みを感じないという場合には、セルフケアでOKです。また、ひどい場合には、皮膚科を受診することも考慮しましょう。

今回はこれまでになります。

次回もご覧いただければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

produced by 株式会社inthemood