トップに
戻る
naturaleffect
商品のご紹介

小豆島産オリーブオイル100%。本物の MADE IN JAPAN をお届けします。

JAPAN LINE SHODOSHIMA

古代文明において平和、豊穣、栄光の象徴として、神聖視されていたオリーブの木。

「オイル」という言葉は、オリーブを意味するアラビア語が語源になり、古代より美容と健康に良いとされ、人類が最初に手に入れたオイルがオリーブオイルです。

地中海沿岸や北アフリカで発見されたオリーブの樹の化石から、数万年前にはすでに生育していたことがわかっており、地中海東岸のシリア付近が原産地と考えられ、そこからトルコを経由してギリシャに拡がったとされています。
オリーブの栽培は、5000~6000年前に中近東で始まり、その後西へ進み、そして大陸の発見とともに全世界に拡がっていったと考えられています。

そのオリーブの果実から、一切の科学的な処理を行わずに、物理的な方法だけで、そのまま搾り取られた天然のオリーブ果実ジュースが、エキストラバージンオリーブオイルです。

オリーブオイルが日本に初めて入ってきたのは、約400年前の安土・桃山時代にフランシスコ派のポルトガル人宣教師が持ち込んだとされています。

明治41年に農商務省は、鰯などの魚類を油漬けの缶詰にするためにオリーブオイルが必要になり、三重、香川(小豆島)、鹿児島の3県を指定してアメリカから輸入した苗木で試験栽培が開始され、その中で小豆島のオリーブだけが栽培に成功しました。

その後、昭和34年の輸入自由化により、外国の安価なオリーブオイルなどが大量に輸入されることになったため、オリーブの栽培が低迷した時期もありましたが、現在では栽培面積も増加し、小豆島のオリーブ生産者の方々は、日々試行錯誤を繰り返しながら、より一層の品質向上に取り組んでいます。

「JAPAN LINE SHODOSHIMA」は、小豆島という恵まれた気候風土のなか、オリーブの果実を一粒一粒ていねいに手摘みし、特にオイルが変質しない温度条件下で、ていねいに搾油した上質の小豆島産ミッション種エキストラバージンオリーブオイルを100%使用しています。

エキストラバージンオリーブオイルとは

エキストラバージンオリーブオイルは、オリーブの果実のジュースで、オイルが変質を起こさない条件下で、
化学処理を一切施さず、物理的な工程のみで作られます。
そのため、オリーブの果実に含まれている天然有効成分がこわれずそのまま残っています。

エキストラバージンオリーブオイルの成分は、約98%が一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸、
多価不飽和脂肪酸であるリノール酸やリノレン酸などの脂肪酸になります。
残りの約2%の微量成分が、ポリフェノール、カロテノイド、α-トコフェロール(ビタミンE)、スクワレンなど250種類以上の天然有効成分になります。

オレイン酸は、他の脂肪酸と比べて酸化しにくく、悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる働きがあります。
また、人の皮脂の主な構成成分でもあり、バリアゾーンを補強し、水分を肌の内部に閉じ込め、
表皮の新陳代謝(ターンオーバー)をスムーズにして、潤いのある美しい肌を保ちます。

微量成分には、ポリフェノール、カロテノイド、トコフェロール(ビタミンE)などの天然抗酸化物質や
スクアレン、β-シトステロール、ビタミンD、ビタミンKなど、美と健康をサポートする天然有効成分がたっぷりと含まれています。

「JAPAN LINE SHODOSHIMA」は、香川県よりオリーブオイル認定製造事業者に認定された国内外の数々の賞を受賞している
小豆島の農場で収穫されたミッション種の果実のみで搾油した香川県が定めるプレミアム基準をクリアしている酸度0.1%台の
エキストラバージンオリーブオイルを100%使用しています。
ミッション種のオイルは、他の品種よりも天然有効成分が多く含まれ、肌へのなじみも極めてスムーズで上質なオイルになります。

商品一覧

小豆島産オリーブオイル100%。本物の MAID IN JAPAN をお届けします。

The Castile Soap (ザ・キャスティールソープ)

「本物のMADE IN JAPAN」というコンセプトのもと、
小豆島産ミッション種エキストラバージンオリーブオイルを
100%使用したスペイン発祥のキャスティール石鹸です。
 

標準重量 100g(枠練り石けん)
3,500円(税抜)

The Skin Oil(ザ・スキンオイル)

「本物のMADE IN JAPAN」というコンセプトのもと、
小豆島産ミッション種エキストラバージンオリーブオイルを
100%使用した肌へのなじみも極めてスムーズで上質な
美容オイルです。

内容量 30ml
4,500円(税抜)